お問合せは、フリーダイアルでお気軽に

介護タクシーの開業について

今、介護タクシーが最も必要とされる時代です。
社会福祉に貢献することができる数少ない公共交通機関、介護タクシー。その開業は、想像するほど難しくありません。他の業種と比較しても開業費用を抑えられ、普通二種免許を取得すれば、最短3ヵ月で始めることができます。車両一台で開業でき、スケジュールもご自身で管理できるので、ライフスタイルに合った運営が可能です。
東日本介護タクシー協同組合では、開業を志す方を支援すると共に、各地支部の募集も行っています。詳細のお問い合わせは、フリーダイアルもしくは「お問合せ」フォームをご利用ください。 お問合せ

一般のタクシーとの違い

顧客の大半は固定客です 完全予約制で、一般タクシーのように「客待ち」「流し」はありません。
対象者利用 高齢者・障害者を始め、内部障害者等、年齢に関係なく歩行困難と認められる全ての方が対象です。 上記利用者に付き添う、介添え者及び家族の方も乗車可能です。
利用者に対するサービスも可能です 救援事業(便利屋さん的業務)も運輸局へ届出手続きの上行えます。
収益 運行業務に派生する介助料の料金等が収受可能です。

事業許可申請について

書類申請 介護タクシーの開業には、営業所所在地管轄の運輸局に書類申請の必要があります。 申請は当会の行政書士が責任を持つて代行し、開業許可を収得します。
事業者(経営者法令)試験及びヒアリング 運輸局による試験(自動車六法に基づく内容)学習実施されます。ご安心ください。当会の受験対策セミナー資料によりほとんどの方が合格されています。関東運輸局は試験免除です。
運転資格について
  • 普通二種免許が必要です。(関東運輸局の場合、取得前に申請可能。※許可日までに取得
  • 介護者の資格は申請に必要ありませんが、あれば日々の送迎業務に有利です。
  • 事業主が運転者でなくても、事業許可を受けることはできます。
その他
  • 介護タクシー運賃には、一般タクシー同様、介護保険は適用されません。
  • 利用者は自治体より、タクシーチケット、リフト券等の給付があります。
  • 介護タクシー利用目的は日常の外出。(通院、買物等)からお墓参り、観光と多岐にわたります。

開業に必要な費用

契約日
  • 業務委託報酬金:1,300,000円(税別)
  • 事業者新規入会の方:30,000円(税別)
  • 年会費:60,000円 (税別)
車両費 新車・中古車:ローンも可能、車種により異なります。
営業備品
  • タクシーメーター(取付代含む。地域により異なります):180,000円前後
  • 指定必要備品:20,000円~
その他 車両保険等

組合員への支援

各種支援 開業後の病院・各種施設などへの営業活動に関するアドバイス及びコンサルティング
各種税務・帳票記帳の相談
法務手続き・申請に関する相談及び助言
顧客開拓用営業ツール(リーフレット等)の提供(実費)
自治体タクシーチケット換金業務の取扱い
コールセンターによる送迎依頼
ホームページによる会員情報の案内
付帯介助サービス時の事故に対する、当会独自の「スキマ保険」によるリスク回避
開業前における研修及び定期研修会実施
事故・トラブルの対応及び相談
消毒剤等の無料配布